下村幸男の出身高校

下村幸男 プロサッカー選手

下村 幸男(しもむら ゆきお、1932年 - )は、広島県広島市出身の元サッカー選手、サッカー日本代表 日本代表選手。元サッカー日本代表#歴代代表監督 日本代表監督(1979年 - 1980年)。現役時代のポジションはゴールキーパー(GK)。東洋工業サッカー部 東洋工業黄金時代と藤和不動産サッカー部 フジタ工業の黄金期の礎を築いた名将である。1945年、修道高等学校 広島修道中学2年生の夏、勤労部員で建物の取り壊し作業中原子爆弾 原爆が炸裂。その日は風邪をひき、弁当の見張り当番となり建物の陰にいて難を逃れた。しかし多くの級友と母、兄を亡くした。広島大学附属中学校・高等学校 広島高等師範附属高校の長沼健は2学年上。1950年、修道高校のGKとして国民体育大会 国体優勝(3-0浦和)。卒業後1952年、のちに広島東洋カープの球団代表としてジョー・ルーツのプロ野球監督 監督抜擢などで知られる重松良典らと地元の東洋工業サッカー部に入部し主力選手として活躍した。

下村幸男の出身高校

下村幸男出身高校
広島国泰寺高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
341位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1932年生まれ

下村幸男の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング