二宮洋一の出身高校

二宮洋一 プロサッカー選手

二宮 洋一(にのみや ひろかず、1917年11月22日 - 2000年3月7日)は、兵庫県出身のサッカー選手、サッカー指導者。第二次世界大戦後初のサッカー日本代表監督を務めた。現役時代のポジションはフォワードであった。旧制神戸第一中学校(現在の兵庫県立神戸高等学校)を卒業後、慶應義塾大学予科を経て大学に進学。慶応大ソッカー部および慶応BRBの選手として、大戦前の天皇杯全日本サッカー選手権大会 サッカー全日本選手権大会(当時は天皇杯が冠されていなかった)において、4度の優勝(1936年、1937年、1939年、1940年)を遂げた。また大戦後は慶応BRBおよび全慶応のメンバーとして、天皇杯に3度優勝(1951年、1952年、1954年)した。

二宮洋一の出身高校

二宮洋一出身高校
兵庫県立神戸高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
2位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1917年11月22日生まれ

二宮洋一の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


二宮洋一の関連著書

プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング