大谷一二の出身高校

大谷一二 プロサッカー選手

大谷 一二(おおたに いちじ、1912年8月31日 - 2007年11月23日)は、兵庫県出身の元日本代表サッカー選手、東洋紡績元会長・名誉顧問。サッカー記者の大谷四郎は実弟。

旧制神戸一中時代には右近徳太郎とコンビを組み全国制覇を達成。旧制神戸商業大でも弱小チームを率いて関西学生リーグ優勝を果たす。川本泰三と並ぶ当時日本最高のFWであったにもかかわらずベルリン・オリンピック代表に選ばれなかったのは、東西の蹴球協会の確執によるものと言われている。

卒業後、東洋紡績に入社。1974年から社長、1978年からは会長も務めた。

2007年11月23日、老衰のため死去。享年95。

大谷一二の出身高校

大谷一二出身高校
兵庫県立神戸高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
2位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1912年8月31日生まれ

大谷一二の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング