尾崎士郎の出身高校

尾崎士郎 作家

尾崎 士郎(おざき しろう、1898年(明治31年)2月5日 - 1964年(昭和39年)2月19日)は、日本の小説家。

愛知県幡豆郡横須賀村(現西尾市)生まれ。早稲田大学政治科を中退し、大逆事件真相解明の目的で売文社に拠る。同社を本拠に活動していた高畠素之を追って国家社会主義に身を投じる。1921年(大正10年)に時事新報の懸賞小説で、大逆事件を取材した『獄中より』が第二席で入選し、以後本格的に小説家として身を立てる様になる。1933年(昭和8年)から都新聞に『人生劇場』を連載し、文芸懇話会賞を受賞。これが大ベストセラーとなって以後20年以上も執筆し続ける大長編となる。その一方で戦前に雑誌『文芸日本』、戦後に『風報』を主宰した。

早くに右傾し、軍国主義鼓吹の小説や著作を多く書いたため、戦後公職追放となるが、以後は文壇から距離を置き、実業家などとのつきあいが多かった。川端康成とは関東大震災の翌年1923年(大正12年)に出会って以来からの変わらぬ親友であった。

また『石田三成』『真田幸村』『篝火』などの歴史小説も書いたほか、相撲にも詳しく、長編小説『雷電』など相撲関係の著作もあり、横綱審議委員を務めた。酒豪でもあった。大腸癌により66歳で亡くなったが、その直前に闘病記を遺した。文化功労者が追贈された。弔辞は川端康成が読み哀悼の意を表した。

尾崎が『獄中より』で第二席を取った時事新報の懸賞小説で、第一席だったのが宇野千代の『脂粉の顔』である。受賞の翌年、中央公論社で偶然会った2人は、宇野のひと目惚れによってその日から同棲を始めた。宇野は後年のインタビューで、「尾崎は人に非常に好かれる人で、自分もまた好かれたがる人だった。それが彼の人生を駄目にした」と語っている。

川端康成を通じて伊豆湯ヶ島温泉で知り合った梶井基次郎とは、馬込文士村において、妻の宇野千代を巡って関係が険悪となり、その後尾崎と千代は離婚となった。

一枝という娘があったが、尾崎一雄にも同年配の一枝という娘がおり、いずれも早稲田大学へ入ったためよく混同された。のち2人とも結婚して姓が変り、共著を出している。

尾崎士郎の出身高校

尾崎士郎出身高校
岡崎高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
作家ランキング
48位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1898年(明治31年)2月5日生まれ

尾崎士郎の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

尾崎士郎の評判・つぶやき

  • ユタ 4年前

    「馬の首風雲録」筒井康隆「蝶」皆川博子「九月が永遠に続けば」沼田まほかる「邪魅の雫」京極夏彦「女妖記」西条八十「惜春夜話」尾崎士郎「家守綺譚」梨木香歩「愛についてのデッサン」
  • 古書 書肆田髙(入荷bot) 4年前

    「京濱國道 」
    尾崎士郎 朝日新聞社 を入荷しました(2016/02/21)  "
  • you are ... 4年前

    「篝火」 尾崎士郎 読了"
  • 4年前

    幅広く軽率に影響受けてきたけど、思い出してみるとおおばやしみゆき先生→水都あくあ先生→久保帯人先生→安西信行先生→星野桂先生(D灰10~14巻くらい)→三輪士郎先生→鈴木次郎先生→鎌谷悠希先生→古味直志先生→尾崎かおり先生→現在 って感じ・・?#あなたの絵柄はどこから私は"
  • 恋愛について本気で考えてみたbot 4年前

    尾崎士郎:あれもいい、これもいいという生き方はどこにもねえや。あっちがよけりゃこっちが悪いに決まっているのだから、これだと思ったときに盲滅法に進まなけりゃ嘘だよ。"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 23

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング