岩下敬輔の出身高校

岩下敬輔 プロサッカー選手

岩下 敬輔(いわした けいすけ、1986年9月24日 - )は、鹿児島県伊集院町(現:日置市)出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはディフェンダー(センターバック)。元日本代表候補。

鹿児島実業高等学校在学中の2005年に全国高等学校サッカー選手権大会で優勝を経験。この年、清水エスパルスに入団。中学年代までは攻撃的なポジションで鹿児島県選抜に選ばれた足元の技術も高さを当時の監督長谷川健太に買われ、5月1日の大宮戦でボランチとしてデビューし、その後も本職のセンターバックだけでなくサイドバックなども任された。3年目の2007年J1第22節 対アルビレックス新潟戦に先発出場し、後半17分にCKからプロ入り初ゴールとなるヘディングシュートを決めた。しかし、それ以降は中々定位置を掴めなかった。

2009年、退団した高木和道に代わりセンターバックのレギュラーとして定着。2009年10月、チームメイトの山本海人とともに日本代表に初選出された。

2012年、開幕からレギュラーとして起用されるも安定感に欠けたプレーが目立ち、次第に出番が減少していった。同年8月ガンバ大阪へ期限付き移籍。加入当初は、負傷離脱中であった加地亮の穴を埋めるため右サイドバックで起用され、加地復帰後はセンターバックとして起用された。しかし、チームは不振から抜け出せずJ2降格となってしまった。

2013年、複数のJ1クラブからオファーを貰うも、ガンバ大阪への完全移籍を選択した。シーズン序盤はセンターバックでスタメン出場を続けるも、J2第26節東京V戦で右足関節捻挫の怪我で戦線離脱。以降、練習には何度か復帰するも再発を繰り返し、実践復帰は最終節群馬戦まで長引いてしまい、出場数はリーグ戦半分以下の17試合に留まった。

2014年は開幕から定位置を奪回しシーズン通してレギュラーとして活躍。リーグ戦は出場停止となった2試合を除く32試合に出場し、失点数リーグ2位タイに抑えたディフェンス陣を牽引。清水時代からの恩師である長谷川監督にタイトルをもたらし、ガンバのリーグ優勝さらに国内三冠に大きく貢献した。

2015年5月10日、明治安田生命J1リーグ1stステージ 第11節サンフレッチェ広島戦において、プレーとは関係のない場面で相手チームの清水航平に肩と肘をぶつけるという行為を行い、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)規律委員会から厳重注意処分を受けた。

その他の公式戦

その他の国際公式戦

岩下敬輔の出身高校

岩下敬輔出身高校
鹿児島実業高校 偏差値 鹿児島県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
120位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1986年9月24日生まれ

岩下敬輔の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング