岸孝之の出身高校

岸孝之 プロ野球選手

岸 孝之(きし たかゆき、1984年12月4日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(投手)。

社会人野球の七十七銀行硬式野球部の初代監督である父親の影響で、仙台市立西中田小学校3年となった1993年から安久野球部(現:西中田ゴールデンアクロス)で野球を始めた。その後仙台市立柳生中学校、宮城県名取北高等学校へと進学。高校3年生となった2002年夏の宮城県大会では2回戦で敗退し、甲子園出場を経験することはなかった。高校3年夏の宮城県大会1回戦の多賀城高戦で、この高校の選手として東北学院大学・菅井徳雄監督の息子が出場していた。この試合を観戦していた菅井監督は、息子のチームをノーヒットに抑える相手チームの岸に注目。無名校の投手だった岸に、スポーツ推薦での東北学院大学への入学を頼み込んだという。

大学時代は、東北学院大学でエースとして活躍し、仙台六大学野球リーグでは強豪の東北福祉大学戦に完封を含む3連投をする活躍で敢闘賞を受賞、同大学の35連覇を阻止、東北学院大学の18年ぶりリーグ制覇に貢献した。最速152km/hのストレートとスライダーを武器に2006年春には、リーグタイ記録となる19奪三振を2度マークするなどリーグ新記録の92奪三振を達成し、最優秀選手賞(MVP)に輝いた。

日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会の両大会においてエース級の活躍を見せ、2006年の日米野球ではアメリカを無失点に抑えるなど大学ナンバーワン右腕と称される。大学通算成績は、23勝11敗。

西武ライオンズと地元の東北楽天ゴールデンイーグルスが、さらにドラフト直前には大隣憲司の獲得を断念した読売ジャイアンツが希望枠での獲得を目指すが、最終的に当初から目を掛けてくれていること、尊敬する西口文也がいることを理由に西武を選択。2006年の大学生・社会人ドラフト会議で、希望枠で西武ライオンズに入団した。

オーバースローから投げる平均球速約140km/h、最速152km/h(プロ入り後の最速は150km/h)のストレートに、110km/h台ほどで縦方向に大きく曲がるカーブ、チェンジアップ、スライダーの4種類を武器とした、緩急を生かした幅の広い投球が持ち味。

大学時代はスライダーを得意としていたが、プロに入ってスピードを求めた結果、自信のない球種となってしまったという。一般的にはカーブを称賛されることが多いが、イチローにはストレートに着目された。曰く、「スピードガンだけだと130後半そこそこなのに、みんながファウルだったり空振りだったりしている。多分、手から離れた時と実際に自分のところにきた時とでイメージが変わっているんだと思う」「真っ直ぐでカウントを奪えるピッチャーってのはなかなかいない」。プロ入り後は奪三振率は年々低下してきているものの、与四球率も低くなってきている(2010年シーズンは投球回に近い奪三振を記録した)。

50メートル走6.0秒の俊足を備え、試合前練習では遊撃の守備にも就くなど野手としての能力にも優れる。

読売ジャイアンツ戦は日本シリーズでの好投など相性がいいが、一方で広島東洋カープ戦に弱く、一度も勝利していない。(2015年現在)

岸孝之の出身高校

岸孝之出身高校
名取北高校 偏差値 宮城県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2732位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1984年12月4日生まれ

岸孝之の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

岸孝之の評判・つぶやき

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 23

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング