望月聡の出身高校

望月聡 サッカー選手

望月 聡(もちづき さとる、1964年5月18日 - )は、滋賀県大津市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF(攻撃的MF、守備的MF)、FW(センターフォワード)。2007年、びわこ成蹊スポーツ大学准教授に就任。

滋賀県立守山高等学校3年次の高校選手権でベスト4進出。1983年に大阪商業大学進学。大商大時代は全日本大学サッカー選手権大会三連覇(1983年、1984年、1985年)、総理大臣杯二連覇(1984年、1985年)に貢献した。1987年に日本サッカーリーグ1部の日本鋼管サッカー部(後のNKKサッカー部、1993年に廃部)に入部、1987-88シーズンのリーグ2位、JSLカップ優勝に貢献し新人王の座を古俣健次(ヤマハ発動機)と争った。

1988年から日本代表に選出され国際Aマッチ7試合に出場した。

1992年にJリーグの浦和レッドダイヤモンズへ移籍。

1995年からはジャパンフットボールリーグの京都パープルサンガへ移籍、同クラブのJリーグ昇格に貢献した。

2008年、北京オリンピックサッカー女子日本代表コーチとして、ベスト4を経験した。

2009年度からは、びわこ成蹊スポーツ大学の監督を務めている。

2011年のFIFA女子ワールドカップドイツ大会でコーチとして日本女子代表を指導し、チームは初優勝した。

その他の公式戦

望月聡の出身高校

望月聡出身高校
守山高校 偏差値 滋賀県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
74位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1964年5月18日生まれ

望月聡の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング