林あまりの出身高校

林あまり 俳人

林 あまり(はやし あまり、女性、1963年1月10日 - )は、日本の歌人、エッセイスト、作詞家である。本名、真理子。

作品は口語体を生かし、性描写など過激な作品を発表し、歌壇外の読者からも熱烈な支持を得る。

林静一とコラボレーションした作品をいくつか発表しているが、血縁関係はない。

1973年から放送のテレビドラマ『雑居時代』で杉田かおる演じる5人姉妹の末っ子の名前「阿万里」が好きで、親戚から「あまりちゃん」と呼ばれるようになったのが最初で、大学演劇部で必要となったニックネームでも「あまり」を用いた。これを筆名として使い出したのは、前田透の追悼同人誌からである。作家の林真理子との関連はない。

1963年(昭和38年)、東京都渋谷区生まれ。1978年、日本基督教団頌栄教会で洗礼を受け、キリスト教徒に。恵泉女学園高等学校を経て、成蹊大学文学部日本文学科へ入学。演劇部に所属し、女優の片桐はいりとは演劇部時代の仲間である。初め前田透主宰の結社「詩歌」にて学び、解散まで所属。のちに中山明、井辻朱美らともに歌人集団 「かばん」の創設に参加した。

大学在学中に雑誌「鳩よ!」(マガジンハウス)に、大胆な性描写を歌った短歌を投稿、同誌編集長に見出されて歌人としてデビューした。

大学の卒業論文のテーマは、「前田透論」。1985年(昭和60年)3月の卒業の後には、出版社・沖積舎にて編集者として勤務した。

作詞家としての作品には「夜桜お七」(坂本冬美)、「さよなら小町」(同)、「レクイエム」(小川範子)、BED-SIDE(同)などがある。また、演劇評論も手がけ、NHK衛星放送の演劇番組 「ミッドナイトステージ館」に2002年(平成14年)から2007年(平成19年)まで出演、劇作家の鈴木裕美とともに司会を担当した。

林あまりの出身高校

林あまり出身高校
恵泉女学園高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
俳人ランキング
49位 / 63人中 俳人別偏差値ランキング
性別
女性

俳人偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


俳人一覧

俳人偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング