染矢一樹の出身高校

染矢一樹 サッカー選手

染矢 一樹(そめや かずき、1986年10月13日 - )は、大阪府大阪市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ファジアーノ岡山所属。ポジションはミッドフィールダー。

50mを5秒8で走り、スピードに乗ったドリブル突破を得意とするミッドフィールダー。サイドから積極的に切り込み、決定的なクロスを上げチャンスを演出する。愛称のソメッシはリオネル・メッシと同様に、身長が低くてドリブルが得意なため。チームメートだった片山真人が最初に呼び出したのがきっかけ。

小学1年生の時に1歳年上の幼馴染の西川君に誘われ、サッカーを始めた。中学卒業後は、3年計画で強化に取り組んでいた島根県の江の川高校(現・石見智翠館高校)に進学。しかし高校時代は全国の舞台に立つことはできなかった。

奈良産業大学に進み、2008年の関西学生サッカーリーグでは5得点11アシストの成績を残した。2007年と2008年にはデンソーカップチャレンジサッカー関西大学選抜に選出。2008年11月、FC岐阜の練習にテスト参加し、翌日には大学に合格の通知が届いた。

2009年にFC岐阜へ入団。3月8日の第1節栃木SC戦で、高木和正に代わって途中出場でJリーグデビューした。同年シーズンのホーム初勝利となる3月25日の第4節ザスパ草津戦で、試合終了間際にJリーグ初得点となる決勝ゴールを奪い、存在を印象付けた。7月、練習中に左足首をひねり、戦列を離れ、回復しても焦って試合に出場して、また同じ個所を痛めた。復帰後は流れを変える攻撃の切り札として、途中出場の機会が増えた。

2010年からは背番号を11番に変更。栃木SCに移籍することが決まったサイドMFと同じポジションの高木和正から、「知らない人が付けるより、お前がこの番号を付けたらどうだ」と依頼を受け了承した。

2011年7月に入籍。2012年9月に第1子の女子が誕生した。

2014年、ファジアーノ岡山へ完全移籍。

染矢一樹の出身高校

染矢一樹出身高校
江の川高校 偏差値 島根県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1742位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1986年10月13日生まれ

染矢一樹の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング