森孝慈の出身高校

森孝慈 プロサッカー選手

森 孝慈(もり たかじ、1943年11月24日 - )は、広島県福山市生まれ、広島市育ちの元サッカー選手、サッカー日本代表選手、監督。現役時代のポジションはミッドフィールダー。実兄は日本プロサッカーリーグ Jリーグ創設へ大きな舵取り役を果たした森健兒。1961年、修道高等学校3年の時、国民体育大会 国体優勝。更に全国高等学校サッカー選手権大会 全国高校サッカー選手権で釜本邦茂の京都府立山城高等学校 山城高校を破り日本一、二冠を達成した。早稲田大学政治経済学部自治行政学科に進学し、同僚となった釜本らと早稲田の黄金時代を創る。1964年天皇杯全日本サッカー選手権大会 天皇杯では1年で早稲田26年ぶりの日本一に貢献。1966年には主将として無敵を誇った東洋工業サッカー部 東洋工業(現-サンフレッチェ広島)を天皇杯で破り日本一。これは天皇杯、最後の学生優勝である。1967年日本サッカーリーグ(JSL)の三菱重工業サッカー部 三菱重工(現-浦和レッドダイヤモンズ)に入団。杉山隆一、横山謙三らと1969年、日本リーグ四連覇中だった東洋工業を、またも倒し初優勝するなど主力選手として活躍。ミドルシュートの名手として知られた。JSLでは146試合28得点。またサッカー日本代表 日本代表では国際Aマッチ55試合出場2得点の記録を残し、1964年の東京オリンピック、1968年、メキシコオリンピックでも活躍、メキシコオリンピックの銅メダル獲得にも貢献した。

森孝慈の出身高校

森孝慈出身高校
山城高校 偏差値 京都府高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
294位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1943年11月24日生まれ

森孝慈の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング