石川大徳の出身高校

石川大徳 サッカー選手

石川 大徳(いしかわ ひろのり、1988年1月6日 - )は、日本のプロサッカー選手。東京都江戸川区出身。流通経済大学卒業。

自らを「○○のエクスプレス」(○○には所属クラブが入る) と称する快足と、豊富な運動量を武器にする、左右どちらもできるアウトサイドのスペシャリスト。足立修曰く、2009年度大学No.1サイドバック。

長兄にJFLでサッカー選手として活躍した石川高大。2008年のJFLで初めて兄弟対決が実現している。

フレンドリーSCで4、5歳からサッカーを始める。小学校高学年からDFとしてプレーした。中学3年時に兄の高大が通うFC東京U-18に練習参加している。

2003年、流経大柏高校に入学。同級生に林彰洋・千明聖典・長谷川悠。1年次からサイドバックにコンバートされた。本田裕一郎から指導を受け、3年次に同校の高校選手権初出場に貢献した。高校卒業後はサッカーを辞めるつもりだったが、流通経済大学の中野雄二監督からスカウトされ考えを改める。

2006年、流通経済大学に入学。同級生に林・千明・宇賀神友弥・金久保順・船山貴之。大学1年時からJFLに出場。大学3年時の2008年、全日本大学選抜に選出される。同年には特別指定選手として水戸ホーリーホックに登録され、1試合出場。大学4年時2009年の天皇杯でガンバ大阪と対戦している。その活躍から川崎フロンターレ、ロアッソ熊本、水戸、広島で争奪戦となった。

2010年、サンフレッチェ広島と契約、同期に大崎淳矢。ミハエル・ミキッチの控えとして試合出場を重ねている。公式戦初ゴールは2012年11月24日広島のリーグ初優勝を決めた試合で決めている。翌2013年、序盤はミキッチとファン・ソッコの怪我により右アウトサイドとして出場を増やしたが、途中自身の怪我により出場機会が減っていった。

同2013年8月、出場機会を求めてベガルタ仙台へ期限付き移籍。2014年は、移籍期間を延長して仙台に残留。

2015年、大分トリニータへ期限付き移籍。大分では17試合終了時点で2試合しか出場できず、プレー合計時間は22分であった。同年6月10日に水戸ホーリーホックに期限付き移籍する事が発表された。尚移籍元は引き続き広島のままであり、6月16日から水戸に加入する。又、登録ウィンドーの関係上試合に出場可能なのは7月10日以降となる。特別指定選手として在籍してた2008年以来7年振りの水戸でのプレーとなる。

石川大徳の出身高校

石川大徳出身高校
流通経済大学付属柏高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
915位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1988年1月6日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング