竹岡和宏の出身高校

竹岡和宏 プロ野球選手

竹岡 和宏(たけおか かずひろ、1975年1月25日 - )は、滋賀県栗東市出身の元プロ野球選手(投手)。

1999年の社会人野球日本選手権大会後に日本IBM野洲を退社し、数球団のプロテストを受けるものの、不合格に終わる。

2000年に中山硬式野球クラブに入団した。同年秋にアトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結ぶ。

2001年、2Aグリーンビルからキャリアをスタートさせ、2002年には3Aリッチモンドに昇格を果たす(このとき元巨人のデーモン・ホリンズとチームメイトとなる)。2003年は3Aリッチモンドで開幕を迎えたが、シーズン途中で再び2Aグリーンビルに降格。その後、独立リーグへ移籍した。

社会人野球、クラブチーム、米マイナーリーグ、米独立リーグとさまざまな球団を渡り歩き、2003年秋に福岡ダイエーホークスからドラフト8位で指名を受け、入団。29歳でのプロ入りとあって、同期で27歳で入団した三瀬幸司と共にオールドルーキーとして注目を集めた。

2006年は自己最多の22試合に登板して防御率1.88の好成績を残した。2007年も2年連続の防御率1点台だったが、コントロールの不安定さから敗戦処理での登板が多かった。

2008年は19試合に登板したが戦力外通告を受ける。その後12球団合同トライアウトに参加したが、日本の球団から声は掛からなかった。

米球界への復帰を目指し、アメリカ・ロサンゼルス郊外のw:Urban Youth Academyやメサにあるシカゴ・カブスの施設等で自主トレを行い、各球団のトライアウトを受け、さらに台湾プロ野球の入団テストにも挑戦したが、契約はならなかった。

2009年5月からは社会人野球のクラブチーム、OBC高島に入部。選手兼任コーチとして、同年の全日本クラブ野球選手権大会ベスト4進出・社会人野球日本選手権大会の初出場に貢献した。大会でも登板した。その後、自身のブログで2009年限りで現役を引退することを表明した。引退後は野球教室や講演会活動などを行っていたが、2012年11月西麻布にストレッチスタジオ『トリム西麻布』を開業した。

竹岡和宏の出身高校

竹岡和宏出身高校
守山高校 偏差値 滋賀県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
222位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1975年1月25日生まれ

竹岡和宏の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング