篠田善之の出身高校

篠田善之 プロサッカー選手

篠田 善之(しのだ よしゆき、1971年6月18日 - )は、山梨県甲府市出身のサッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー(主にボランチ)。

山梨県立機山工業高等学校を卒業後、1年間のみ地元の甲府サッカークラブ(現 ヴァンフォーレ甲府)でプレーし、中京大学に進学。大学卒業後の1995年、当時ジャパンフットボールリーグに所属していた福岡ブルックス(現 アビスパ福岡)に練習生として入団。以後、プロとしてのキャリア全てを福岡で過ごす。

Jリーグ初得点は1999年の浦和戦、記憶に残るロングシュートであった(J1長距離ゴール史上4位)。ブルックス時代からの生え抜きボランチで福岡に最も長く在籍し、1999年と2003年には主将を務めた。また選手会長も務め、サポーターからは「ミスターアビスパ」と呼ばれ チームリーダー的存在であった。

2003年、「飛躍」に選ばれた選手の一人である。「飛躍」はリーグ創設10周年に当たる2003年、当時のJリーグ28クラブから代表選手1名とゴスペラーズによる日本プロサッカーリーグオフィシャルソングである。

2004年シーズン終了後、引退。Jリーグ通算203試合出場、10得点の成績を残した。

2005年にアビスパ福岡のホームタウン推進部コーチ、U-18コーチを務め、2006年にはトップチームのコーチに就任。2007年にはU-15コーチを務めた。

2008年から再びトップチームのコーチ復帰。同年7月にはトップで監督を務められるS級ライセンスを取得したが、直後にピエール・リトバルスキー監督が解任され、ライセンス取得の翌日に監督に昇格した。2009年はクラブ史上最低 の11位に終わったが、翌2010年は自らコーチを人選し、攻撃的でスピーディーなサッカーの浸透に成功。開幕から昇格候補の甲府に完勝するなど好調を維持し、新加入の永里源気が得点源となって千葉や東京Vとの三つ巴の争いを制し、3位で5年ぶりのJ1昇格を果たした。同年の天皇杯では、前身の福岡ブルックス以来15年ぶり、アビスパ福岡としては初のベスト8進出。2011年も引き続き福岡を指揮したが、財政難により戦力確保に難航したばかりか、主力選手の故障が相次いだことから、開幕9連敗、12戦連続未勝利を喫するなど低迷。7月2日の対甲府戦で念願のJ1初勝利を挙げたものの、以降も成績は好転せず、8月3日をもって解任された。

2012年よりFC東京コーチに就任。同年クラブはランコ・ポポヴィッチ監督の下、AFCチャンピオンズリーグに臨んだが、篠田は国外遠征には帯同せず、ポポヴィッチ不在の間のチーム指揮を任された。

篠田善之の出身高校

篠田善之出身高校
甲府城西高校 偏差値 山梨県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
740位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1971年6月18日生まれ

篠田善之の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング