高田一美の出身高校

高田一美 プロサッカー選手

高田 一美(たかだ かずみ、1951年6月28日 - 2009年10月1日)は、静岡県出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード(ウイング)。引退後は改姓により「郡司 一美(ぐんじ かずみ)」と名乗っていた。

清水東高等学校から日本大学へ進学。10代で日本代表に選出され、1970年11月15日のスウェーデンのクラブチームユールゴーデンIF戦で代表デビューを飾ると同年12月のアジア競技大会に出場。1976年に退くまで国際Aマッチ16試合に出場した。

また日本ユース代表にも選出され、1971年4月に日本で開催された第13回アジアユース大会では奥寺康彦、永井良和らと共に出場し2得点を上げている。

1971年に日大を中退し日本サッカーリーグ1部の三菱重工業サッカー部に入部すると、すぐさま出場機会を掴み1974年度にはアシスト王に輝いた。そのプレースタイルからメキシコ五輪銅メダルメンバーの杉山隆一に例えられ、「杉山二世」とも呼ばれた。

2009年10月1日、すい臓癌のため死去。享年59(58歳没)。

高田一美の出身高校

高田一美出身高校
清水東高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
120位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1951年6月28日生まれ

高田一美の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


高田一美の関連著書

プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング